Hatena::Groupmame-tanuki
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

そっとチラ裏 RSSフィード


オモテのblogに書くまでもない、チラシのウラ   【記事一覧】 【このブログは何?】


2010-05-03

「バンド・オブ・ブラザース」の太平洋戦線版、「ザ・パシフィック」7月18日放送開始

| 「バンド・オブ・ブラザース」の太平洋戦線版、「ザ・パシフィック」7月18日放送開始 - そっとチラ裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「バンド・オブ・ブラザース」の太平洋戦線版、「ザ・パシフィック」7月18日放送開始 - そっとチラ裏

 本日の朝日新聞折込み「グローブ (GLOBE)」の連載記事「世界の書店から」より

スピルバーグらが制作した全10話テレビシリーズ『ザ・バシフィック』の関連本。だが脚本でも小説化でもない。ガダルカナルや沖縄戦を戦った米海兵隊員たちの証言をもとに執筆された500ページ超の戦記。テレビシリーズの参考本というべきか。

●朝日新聞の新紙面|朝日新聞グローブ (GLOBE)

http://globe.asahi.com/

The Pacific (The Official HBO/Sky TV Tie-In)

The Pacific (The Official HBO/Sky TV Tie-In)

脚本は元海兵隊員ユージン・スレッジのノンフィクション作品「ペリリュー・沖縄戦記」と、同じく元海兵隊員ロバート・レッキーの回想記「Helmet for My Pillow」(日本未訳)に加え、議会名誉勲章受章者である海兵隊員ジョン・バジロン一等軍曹のエピソードを基にしている。

●ザ・パシフィック (テレビドラマ) - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

Helmet for My Pillow: From Parris Island to the Pacific

Helmet for My Pillow: From Parris Island to the Pacific

【質問】 ハンプ越え以外にも,有力な援蒋ルートはあったのでしょうか?

| 【質問】 ハンプ越え以外にも,有力な援蒋ルートはあったのでしょうか? - そっとチラ裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【質問】 ハンプ越え以外にも,有力な援蒋ルートはあったのでしょうか? - そっとチラ裏

ビルマルート切断(1942年5月)~レド公路の打通(1945年1月)までの間、重慶国民党政府はどうやって継戦能力を維持したのか、という話。

 疑問点は,ハンプ越え以外にも有力な援蒋ルートがあったのか?(ソ連→蘭州方面等)

・重慶まで後退した国民党政府にとっては,上記程度の補給能力でも充分であった.

・ビルマルート切断までに,国民党政府はある程度の援助物資の備蓄に成功した.

・「援蒋ルート切断による国民党政府の屈服」自体が,陸軍が抱いた幻想だった.

等を考えましたが,実態はどうだったのでしょうか?

http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08h16.html#16421

そろそろ以下の積読本を整理しないと、だなぁ

■菊池一隆『中国抗日軍事史-1937-1945』

中国抗日軍事史 1937-1945

中国抗日軍事史 1937-1945

  • 1940年が最大のピンチだった、という話。
  • 蘭州方面のソ連からの援蒋ルート(1941年開始の独ソ戦戦況悪化により、ソ連からの支援は途絶)
  • 奥地疎開が軌道に乗り工業生産力が増大

■バーバラ・W・タックマン『失敗したアメリカの中国政策―ビルマ戦線のスティルウェル将軍』